2009年11月04日

信用取引で扱われている銘柄

信用取引で取引できる銘柄は、どんな銘柄でも取り扱えると言う訳ではありません。信用取引で扱われる銘柄は、きちんと決められています。その銘柄も「制度信用銘柄」「貸借銘柄」と言う様に大きく分けて2つに分類されています。

【制度信用銘柄】
信用取引の中でも、制度信用取引を行う際に扱う事が出来る銘柄を「制度信用銘柄」と言う様に呼んでいます。この銘柄は制度信用銘柄選定基準を満たしている銘柄が選定されている様で、選定しているのは証券取引所になります。

制度信用銘柄で制度信用取引を行う場合ですが、信用買いをする場合だけに対応される事になります。つまり証券会社は制度信用銘柄についてお金は貸すけれども、株券自体は貸さないと言う姿勢になります。ですから、信用売りに関しては出来ないと言う事になります。

こう言った制度信用銘柄は、上場銘柄が選定されるようになっていて、新たに上場した銘柄については上場したタイミングで選定されますし、既に上場している銘柄については、決算期に選定されると言う形を取っています。

【貸借銘柄】
制度信用銘柄に選定された銘柄のうち、証券取引所または証券金融会社が定めている貸借銘柄選定基準が満たされた銘柄の事を貸借銘柄と呼んでいます。

この銘柄は、資金の貸付、株券の貸付を行う事が出来る為、信用売り・信用買いの両方が出来る銘柄になります。

貸借銘柄に選定されるタイミングは、制度信用銘柄と同じタイミングになります。
posted by 信用取引 at 14:36 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信用取引におけるトレード

信用取引は短期的な投資を行う人にとって向いている取引です。その期限も6ヶ月と言う様に設定されていますが、現実の取引においては、大体1〜2ヶ月ほどで終了させる取引で行うのがベストだと思います。

この様に信用取引、ネット証券が普及していく中で注目を浴びているのが短期投資なのです。短期投資にはデイトレードやスイングトレードと言う様な取引方法があります。

【デイトレード】
デイトレードの取引方法は、基本的に翌日に持ち越すと言う事をしません。その日の中で売買を終了させる取引になる超短期投資です。デイトレードを行う上でのメリットとは、その日の内に完結させてしまう為に、その後どんな事件が起きて暴落したとしても、そのリスクを背負う必要が無いと言う事です。もちろんその後急騰したとしてもその恩恵は受けられません。

デイトレードを行っている人をデイトレーダーと言う様に呼んでいますが、その人達の中でも取引の仕方はさまざまだそうです。基本的にはその日の内ですが、短い場合は数分で取引を完結させる人もいるそうです。

デイトレードは1つ1つの取引時間を短くして、その分取引する量をたくさんにして利益を上げると言う考えで行っています。

【スイングトレード】
デイトレードとは違って、2日〜1週間位の短期で取引を行っている投資方法をスイングトレードと言います。短期的な動向を見極める力が有る人に向いている投資方法です。

この様に同じ短期投資でも切り分けて考えている人が多く、これを使い分けて利益を出している人も多い様です。
posted by 信用取引 at 14:36 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信用取引とはどういう仕組みになっているのでしょうか

信用取引がどういう仕組みで動いているのかご存知でしょうか。何となく難しいのではと言うイメージがありますが、実は信用取引の仕組みと言うのは意外と単純なのです。

同じ証券会社で取引をした人の中で、株券を信用買いしている人が、株券を信用売りしている人に対して、その株券を貸していると言う形態を取っていると言う事、逆に株を信用売りしている人が、株を信用買いしている人からお金を借りていると言う形態を取っている事、これが基本的な仕組みになります。

間に入っている証券会社はこの仲介をしている様と考えて頂ければ良いでしょう。結局は信用買いをしたいと考えている人、信用売りをしたいと考えている人がお互いにいるのであれば、同じ証券会社の中で相殺できると言う事なのです。この事を「店内食い合い」と言う様に呼んでいます。

とは言う物の、いつでも同じ証券会社の中で相殺出来ると言う訳ではありません。信用売り、信用買い、どちらかの需要が多くなると言う状況になりがちです。

では、この様に同じ証券会社の中で相殺する事が不可能になった場合は、証券金融会社から株やお金を借りて相殺すると言う形を取る事になります。

証券金融会社には充分に貸せるだけの蓄えがあります。ですから信用買いをしたいと言う需要が多かったとしても、その投資家にお金を貸す事が出来るのです。でも逆に信用売りの需要が多い場合は上手くはいかないみたいで、証券金融会社でも蓄えている株券には限りが有ります。その限度を超えたら更に証券金融会社が銀行や保険会社等から株券を借りると言う形を取る事になるのです。二重三重で借りる事になるのでその分手数料や金利等お金がかかる事になります。
posted by 信用取引 at 14:36 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。