2009年11月04日

信用取引における技術やテクニック

信用取引をする際には、やはり技術やテクニックが必要不可欠ではないかと思います。その一部をご紹介します。

【両建て】
両建てとは、信用買いと信用売りを同じタイミングで行う取引技術になります。通常相場が過熱してくると、新規の信用売りを禁止すると言う規制がでる場合が有ります。信用売り禁止規制がでたら相場の過熱も一段落する事が多いのですが、相場が下がっても規制が出ていますので売る事は出来なくなります。

そこで、リスクを少しでも軽減させる為に、相場の過熱が始まりだしたら、信用売りの規制が出る前に信用売りをしてしまおうと言う手法を「両建て」と言います。

相場が過熱してしまって新規信用売り近視と言う規制が出てしまったら、買いポジションを売ってしまい、信用売りのポジションだけを残すようにします。そうする事で、信用売りのポジションを株価が下がる一番高いタイミングで持つ事が出来ると言う事になります。

【優待取り】
通常、信用取引で信用買い・信用売りをしている場合、株主の優待を受ける事は出来ませんが、リスクを追う事無く株主優待を取得出来る方法がこの「優待取り」です。株券に付いている株主優待はとても魅力的な物だと思います。しかし、株主優待を目的として買ったのはいいけれども、買ったと同時に株価が下がってしまうと言う事はよくある事です。これは株を買って株主優待の権利を得たら売ってしまう投資家がいる為です。

そこでそれを防ぐ為にも現物買いと信用売りを同時に行うのです。そうすることで株価が下がったとしても損益が固定される事になります。その後、現物を売って信用売り行った物を返済します。これで株主優待がリスクなしで受け取れる事になるのです。
posted by 信用取引 at 14:36 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信用取引の踏み上げとは

「踏み上げ」と言う言葉が信用取引にはあります。この踏み上げと言う現象は、どう言った現象の事かと言うと、信用取引をしている投資家が空売りをしたとします。株価が下がると思って空売りしたのにも関わらず、株価が上がってしまったとします。そうなった時に一度売った株をその値段よりも高い値段で買い戻す事があります。こう言ったケースが少ないのであれば、踏み上げにはなりませんが、予想に反してそう言うケースが多々起きた場合、株価が上がっていく事になります。こう言った現象を「踏み上げ(相場)」と言っています。

これは感情による物が大きく、自分が売った株が上がっているとなると、損失を追うのを覚悟で買い戻す事に必死になるのです。そうなると株価は急騰してしまう事になります。踏み上げの事を別名「ショートカバー」とも言うそうです。

では、この踏み上げはどういうタイミングで起こっていくのかと言うと、空売りをしている価格帯を調べる事から始まります。空売りが天井圏で行われているのが多いのであれば、踏み上げは起こらないと思って良いと思います。でも結構低めの価格帯で空売りが行われているのであれば、その株価が上がってしまった場合、投資家には追証が発生してしまう事になります。それをしたくないと考えるので、投資家は逆に買い戻しをしてしまう可能性が高くなるのです。

踏み上げが発生すると、その銘柄に対して買い注文をする事が無くなってしまいますので、上昇は止まると思ってくれて良いと思います。そうなると株価を下げようと言う動きが発生してきて、空売りがまた出て来る事になります。

こう言った踏み上げの動向を見て勉強するのも、自分の投資手法を確定させる為には必要な事だと思います。
posted by 信用取引 at 14:36 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信用取引では損切りも必要

株式投資をする際、証券会社からお金を借りて、自分の持っている資金以上の投資が出来たり、株券を借りて売ったりする事を信用取引と言いますが、これは委託保証金を支払う事で成立する手法で、大体預けた保証金の3倍程度の株式売買が出来る様になっています。

しかし信用取引もやっぱり投資ですので良い事ばかりではありません。損失が広がってくると追加で委託保証金を支払わなければならない追証が発生したり、逆日歩を支払わなければならなかったりして、実際には現物取引の投資よりもハイリスク・ハイリターンとなります。

ハイリターンはもちろん大歓迎ですが、ハイリスクは出来るだけ食い止めた方が良いと思うのです。その為にも損切りがとても大切になってくるのです。

先ず信用取引を始める前に、損切りに関するルールを決めておく事が大切です。先ず自分の感情を出してはいけません。欲が出てしまい逆に損失を広げてしまう可能性があります。損失が有る一定のラインになったら、負けたと言う事を認め反対売買すると言うルールを決めます。そうする事で損失がそれ以上は広がらない為、最小限で抑える事が出来ます。株式投資は利益ばかりに目が行きがちですが、損も増やさないようにする事が勝つ秘訣ではないかと思います。

損切りをすると、その取引に関しては負けた事になりますが、次の取引では勝つ事が出来るかもしれません。そうなったら前回出した損失を穴埋め出来るかも知れなく、トータルで考えたら利益になる可能性が大きくなります。

その為にも、損切りをし、損失は小さい内に食い止め、利益は大きく取ると言う事を頭に入れて取引していくのが良いでしょう。
posted by 信用取引 at 14:36 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。