2009年11月04日

信用取引に規制がかかった場合の対処方法

信用取引は常に自由と言う訳ではありません。株価が過熱してしまうと、それを抑える為に規制がかかる場合が有ります。信用取引規制が行われると、株価はとても大きく影響を受ける事になります。

もし全面的に規制がかかってしまうと、加熱していない銘柄にまでその影響がかかる事になるので、とばっちりを受けてしまう事になります。

そう言った事にならない為にも、万が一規制が実施されてしまったら、どう対応するか方法を練っておく必要があります。

信用取引規制は、前触れもない状態で急に発令され、翌日から施行されます。とは言っても規制が出る様な前触れらしいパターンと言うのは、結構分かると思います。このパターンを見極める事が、規制から逃げる最も良い対処方法ではないかと思います。

では、そのパターンとはどういう物なのかと言うと、例えば信用取引全面規制がかかるパターンですが、日経平均、TOPIX等が急に上昇傾向になるケースがあります。それもかなりの短期間で2倍、3倍と上昇します。こう言った上昇傾向が続くと言った状態になると、警告されるようになり、結果的に規制がかかる様になるのです。

次に信用取引個別規制がかかるパターンですが、ある銘柄に対してのみ仕手株の人気が集中する事があります。そうなると株価が急上昇する事になります。その状態が続く事によって信用取引における、取引高、取引残高も増えて来る事になります。

そう言った状態が続く事で銘柄が指定されて規制がかかる事になります。

こう言ったパターンを見極める事が出来れば、規制に引っかからずに信用取引が出来ると思いますので、是非勉強してみて下さい。
posted by 信用取引 at 14:36 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信用買いをする為に逆日歩を狙う

自分が株を売る為に、株を貸してくれた人に対して支払う事を逆日歩と言います。信用売りをしている場合、その銘柄が株不足であるならば逆日歩を支払って売ると言う方法を取ります。

逆日歩と聞くとマイナスのイメージだけがある感じですが、信用買いをしている人にとっては、逆に逆日歩を受け取る事が出来ると言うプラスの事も有り得るのです。

信用取引を行うのであれば、金利を支払うと言うのが当然のシステムですが、信用取引で逆日歩になりそうな銘柄を敢えて買う事で、逆日歩を受け取る事が出来るのであれば、逆日歩で得たお金より、金利の方が少なくなる可能性があるので、利益が出ると言う事になります。ですから、逆日歩も利用の仕方一つだと言う事がお分かり頂けると思います。

とは言っても逆日歩は1株当たり銭単位になるのが通常ですので、そんなに利益が極端に出ると言う訳ではありませんが、株不足が大量になってしまうと、その金額も円単位に上がる事になりますので、それが毎日となると相当の逆日歩が手元に入る事になります。

例えばですが、株価100円の株を10,000株信用取引で購入したとしても、約定金額は100万円と言う事になり、委託保証金については30万円位となるのですが、この株に1円の逆日歩が付いたとします。そうなると1日で10,000円の逆日歩が貰え、1週間で7万円の逆日歩が貰える事になります。

こう考えると逆日歩狙いで稼ごうと思うかもしれませんが、万が一買った銘柄が破綻した場合には、紙くずになって何の意味も持たなくなりますので、そう言ったリスクを頭に入れておく事も大切です。
posted by 信用取引 at 14:36 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信用取引には余裕が大事

株の投資を行っていて、少し慣れてきたころになると「もうちょっとお金を増やしたい。もっと投資をして儲けたい」と思ってくる場合が多いと思います。その時に利用出来る良いシステムが「信用取引」と言うシステムになると思います。

この信用取引は証券会社によって、多少異なる点はありますが、信用取引で投資余力が大体3倍程に膨れ上がる事が出来ます。

信用取引をする事で、投資家個人が取引をできる額を増やす事が出来ますので、今まで自分に資金が無かったから投資出来なかったと言う銘柄でも、投資する事が可能になります。

また、信用取引を行う事で余裕も出来て、取引自体も他に回せる事になります。例えばですが自分に100万円と言う資金が有ったとします。通常現物株を買うのであれば、その100万円を全部使って、100万円分の株を購入すると言う形になるのですが、信用取引では全部使わなくても、50万円もあれば100万円の株を購入する事が出来るのです。そうする事で残り50万円は手元に残る事になります。その50万円は余力資金として手元に残しても良いでしょうし、他の投資で使っても良いと思います。

とは言う物の、信用取引もメリットばかりある訳ではありません。もちろん投資ですからデメリットもあります。その内の1つは諸経費が結構かかると言う事です。

また、精神的にも気持ちが大きくなる事も危険です。大口の取引が少額で出来るので自分のお金でやっていると勘違いしてしまう可能性があります。そうすると失敗した時に大変な事になりますので、自分自身のコントロールもきちんと行う必要が有ります。
posted by 信用取引 at 14:36 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。