2009年11月04日

信用取引の売るタイミング

株取引をしていると、取得した株の売るタイミングって難しいと言う事がお分かり頂けると思います。

利益を可能な限り出したいと言う考えがあると、売るタイミングも悩んでしまう物です。例えばここが限界だろうと売った途端に更に上がってしまったりして、逆にまだ上がると見込んで待っていたら途端に急下降してしまったりして、後悔してしまう事も少なくないでしょう。こう言った事が売るタイミングが難しいと言われている理由だと思います。

実際に、絶好のタイミングで売買をしている投資家は殆どいないのではないでしょうか。それほど難しいと思うのです。

自分の持っている株が、上昇に転じてそれが継続した状態になると、それを受けて売ろうか売るまいか迷う事と思います。その時に便利なのが信用取引における信用売りだと思います。

持っている株が上昇した場合、現物株は利益が出続けます。しかし信用売りをした分に関しては上がった分損をしている事になります。逆に下がった場合には現物株は損失を出しますが、信用売り分に関しては利益を出す事になります。

この様に、株価が上昇、下降、どちらに動いたとしても現物株と信用売り分で同じだけの損益になります。信用売りはそこで一度利益を確定させると言う事なのです。もちろん、現物株があるから出来る話しになります。

この方法で間違わないで欲しいのは、現物株が上昇傾向にある時に信用売りをすると言う事です。これによって危険行為になって逆に損を出してしまいかねません。

損失を出さない為にも、信用取引や現物株を売るタイミングなどを色々と考慮する必要があります。
posted by 信用取引 at 14:37 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。