2009年11月04日

株主優待の権利を得る

信用取引において、信用買いで株を取得した場合は、その特典である株主優待を受ける事は出来ません。

でも、信用買いだとしてもせっかくその銘柄の株を取得したのだから、株主優待は受けたいと思う人も多いでしょう。そこで、信用取引を利用し、株価変動によって生じるリスクを極力減らしながら、株主優待の権利をも取得する方法があります。

通常、株主優待の権利を得るには株を現物買いして権利を得る事になります。しかし優待はされたけれども、その後に株価が下がってしまって結局損をしてしまうと言う事も結構ある話なのです。

株主優待の権利を得る為には、通常通り現物株を買います。そしてそれと同時に信用取引で信用売りを行います。この方法で取引をすると、リスクを極力減らす事が出来るのです。こうする事で、現物の株が下がったとしても、信用売りで既に売っていますので損益はプラマイゼロと言う事になるのです。

更に権利落ちをしたところで、先に取得していた現物株を現渡しと言う方法で決済します。この時に発生する売買手数料が費用として生じる事になりますが、たったこれだけの費用で株主優待の権利が取得できるのであれば安いですよね。また生じるのは売買手数料だけで現渡しに関する手数料はかかりませんので安心して下さい。

ちょっと面倒な方法だなと考える場合が多いとは思うのですが、手数料や株主優待の内容を比較して考えると、結構お得な場合が多いと思うので、お得なのであれば活用してみるのも方法の1つではないかと思います。
posted by 信用取引 at 14:37 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132010320

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。