2009年11月04日

信用取引とは借金をして経営をしているのと同じ事

会社を経営していく上で、借金をしない無借金経営、借金をしての借金経営だとしたら、どちらが良いと思うでしょうか。

通常は無借金経営の方が良いでしょうが、会社を経営するとなると結構なお金がかかると思います。借金をせざるを得ないでしょう。そんな時に借金をする事が会社の事業拡大の為になると言う明確なプランがあるのであれば、借金をするのも有りだと思います。

しかし同じ借金をするのであっても、使えるお金があればビジネスも上手く出来るのではないかと言う様な安易な考え方であるのであれば、借金をするのは危ないと思います。使えるお金が多いからと言って、事業が拡大するとは限らないのです。

株式に関しても同じ事だと思います。

信用取引においては、現在ネット証券等で出来るようになってから比較的簡単に取引する事が可能となりました。また委託保証金に関しても30万円位あれば取引が可能になることから、初心者でも簡単に大きな株取引が出来る様になってきました。

初心者にありがちですが、「株は儲かる」なんて事しか考えていないと、信用取引においてレバレッジを最大限に利用して、短期間で儲けようなんて事しか考えられなくなっていると思います。もちろん、それで上手く行く可能性も大いにあるのですが、逆を返すと損をする可能性も大きいと言う事なのです。

信用取引は証券会社に借金をした上で投資をしているのと同じ事です。取引は大きいけど、現物取引では無いので、きちんと計画した上で投資する事が大切です。
posted by 信用取引 at 14:37 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。