2009年11月04日

信用取引に規制がかかった場合の対処方法

信用取引は常に自由と言う訳ではありません。株価が過熱してしまうと、それを抑える為に規制がかかる場合が有ります。信用取引規制が行われると、株価はとても大きく影響を受ける事になります。

もし全面的に規制がかかってしまうと、加熱していない銘柄にまでその影響がかかる事になるので、とばっちりを受けてしまう事になります。

そう言った事にならない為にも、万が一規制が実施されてしまったら、どう対応するか方法を練っておく必要があります。

信用取引規制は、前触れもない状態で急に発令され、翌日から施行されます。とは言っても規制が出る様な前触れらしいパターンと言うのは、結構分かると思います。このパターンを見極める事が、規制から逃げる最も良い対処方法ではないかと思います。

では、そのパターンとはどういう物なのかと言うと、例えば信用取引全面規制がかかるパターンですが、日経平均、TOPIX等が急に上昇傾向になるケースがあります。それもかなりの短期間で2倍、3倍と上昇します。こう言った上昇傾向が続くと言った状態になると、警告されるようになり、結果的に規制がかかる様になるのです。

次に信用取引個別規制がかかるパターンですが、ある銘柄に対してのみ仕手株の人気が集中する事があります。そうなると株価が急上昇する事になります。その状態が続く事によって信用取引における、取引高、取引残高も増えて来る事になります。

そう言った状態が続く事で銘柄が指定されて規制がかかる事になります。

こう言ったパターンを見極める事が出来れば、規制に引っかからずに信用取引が出来ると思いますので、是非勉強してみて下さい。
posted by 信用取引 at 14:36 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。