2009年11月04日

信用取引には余裕が大事

株の投資を行っていて、少し慣れてきたころになると「もうちょっとお金を増やしたい。もっと投資をして儲けたい」と思ってくる場合が多いと思います。その時に利用出来る良いシステムが「信用取引」と言うシステムになると思います。

この信用取引は証券会社によって、多少異なる点はありますが、信用取引で投資余力が大体3倍程に膨れ上がる事が出来ます。

信用取引をする事で、投資家個人が取引をできる額を増やす事が出来ますので、今まで自分に資金が無かったから投資出来なかったと言う銘柄でも、投資する事が可能になります。

また、信用取引を行う事で余裕も出来て、取引自体も他に回せる事になります。例えばですが自分に100万円と言う資金が有ったとします。通常現物株を買うのであれば、その100万円を全部使って、100万円分の株を購入すると言う形になるのですが、信用取引では全部使わなくても、50万円もあれば100万円の株を購入する事が出来るのです。そうする事で残り50万円は手元に残る事になります。その50万円は余力資金として手元に残しても良いでしょうし、他の投資で使っても良いと思います。

とは言う物の、信用取引もメリットばかりある訳ではありません。もちろん投資ですからデメリットもあります。その内の1つは諸経費が結構かかると言う事です。

また、精神的にも気持ちが大きくなる事も危険です。大口の取引が少額で出来るので自分のお金でやっていると勘違いしてしまう可能性があります。そうすると失敗した時に大変な事になりますので、自分自身のコントロールもきちんと行う必要が有ります。
posted by 信用取引 at 14:36 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132010316

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。