2009年11月04日

信用取引の踏み上げとは

「踏み上げ」と言う言葉が信用取引にはあります。この踏み上げと言う現象は、どう言った現象の事かと言うと、信用取引をしている投資家が空売りをしたとします。株価が下がると思って空売りしたのにも関わらず、株価が上がってしまったとします。そうなった時に一度売った株をその値段よりも高い値段で買い戻す事があります。こう言ったケースが少ないのであれば、踏み上げにはなりませんが、予想に反してそう言うケースが多々起きた場合、株価が上がっていく事になります。こう言った現象を「踏み上げ(相場)」と言っています。

これは感情による物が大きく、自分が売った株が上がっているとなると、損失を追うのを覚悟で買い戻す事に必死になるのです。そうなると株価は急騰してしまう事になります。踏み上げの事を別名「ショートカバー」とも言うそうです。

では、この踏み上げはどういうタイミングで起こっていくのかと言うと、空売りをしている価格帯を調べる事から始まります。空売りが天井圏で行われているのが多いのであれば、踏み上げは起こらないと思って良いと思います。でも結構低めの価格帯で空売りが行われているのであれば、その株価が上がってしまった場合、投資家には追証が発生してしまう事になります。それをしたくないと考えるので、投資家は逆に買い戻しをしてしまう可能性が高くなるのです。

踏み上げが発生すると、その銘柄に対して買い注文をする事が無くなってしまいますので、上昇は止まると思ってくれて良いと思います。そうなると株価を下げようと言う動きが発生してきて、空売りがまた出て来る事になります。

こう言った踏み上げの動向を見て勉強するのも、自分の投資手法を確定させる為には必要な事だと思います。
posted by 信用取引 at 14:36 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。