2009年11月04日

信用取引では損切りも必要

株式投資をする際、証券会社からお金を借りて、自分の持っている資金以上の投資が出来たり、株券を借りて売ったりする事を信用取引と言いますが、これは委託保証金を支払う事で成立する手法で、大体預けた保証金の3倍程度の株式売買が出来る様になっています。

しかし信用取引もやっぱり投資ですので良い事ばかりではありません。損失が広がってくると追加で委託保証金を支払わなければならない追証が発生したり、逆日歩を支払わなければならなかったりして、実際には現物取引の投資よりもハイリスク・ハイリターンとなります。

ハイリターンはもちろん大歓迎ですが、ハイリスクは出来るだけ食い止めた方が良いと思うのです。その為にも損切りがとても大切になってくるのです。

先ず信用取引を始める前に、損切りに関するルールを決めておく事が大切です。先ず自分の感情を出してはいけません。欲が出てしまい逆に損失を広げてしまう可能性があります。損失が有る一定のラインになったら、負けたと言う事を認め反対売買すると言うルールを決めます。そうする事で損失がそれ以上は広がらない為、最小限で抑える事が出来ます。株式投資は利益ばかりに目が行きがちですが、損も増やさないようにする事が勝つ秘訣ではないかと思います。

損切りをすると、その取引に関しては負けた事になりますが、次の取引では勝つ事が出来るかもしれません。そうなったら前回出した損失を穴埋め出来るかも知れなく、トータルで考えたら利益になる可能性が大きくなります。

その為にも、損切りをし、損失は小さい内に食い止め、利益は大きく取ると言う事を頭に入れて取引していくのが良いでしょう。
posted by 信用取引 at 14:36 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。