2009年11月04日

取り組み好転と言う投資方法

信用取引には「信用買い」「信用売り」と言う手法があるのは、信用取引をしようとしている人なら誰でも知っている事だと思います。

「取り組み」とは、信用買いや信用売り、それぞれの買い残・売り残の比率の事を指しています。その比率の内、売り残の方が多い状況の事を信用取引では「取り組み好転」と言う様に呼んでいます。

信用取引は期限が6ヶ月と決まっています。その中で必ず反対売買をしなくてはいけないのです。ですから信用買いがされたのであれば、売りの注文が予約確定になり、信用売りがされているのであれば、買いの注文が予約確定になったと言う事になります。

株価が上向き傾向の時は、株を買う傾向が多くその分買い残も増えていく事になるのが通常の流れです。逆に株価が下向きの時には株を売る傾向が多く、その分売り残も増えていく事になります。

通常、取り組みは買い残の方が多いのですが、その状態が好転して買い残が少なくなり、売り残が多くなると言う事はその後に、買いの状態が内在していると言う事に繋がります。そうすると株価が底入れしそうなのでは?と言う事が伺えると思うのです。

もちろん、それが絶対と言う訳ではありませんが、一つの目安になると思います。そう言った事を踏まえた上で、底値がどれだけなのかと言う事を見て、取り組み好転を狙って信用取引をする様にすると良いのではないでしょうか。

基本的に売りばかりされている銘柄をチェックしてみれば良いと思います。
posted by 信用取引 at 14:36 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。