2009年11月04日

信用取引で扱われている銘柄

信用取引で取引できる銘柄は、どんな銘柄でも取り扱えると言う訳ではありません。信用取引で扱われる銘柄は、きちんと決められています。その銘柄も「制度信用銘柄」「貸借銘柄」と言う様に大きく分けて2つに分類されています。

【制度信用銘柄】
信用取引の中でも、制度信用取引を行う際に扱う事が出来る銘柄を「制度信用銘柄」と言う様に呼んでいます。この銘柄は制度信用銘柄選定基準を満たしている銘柄が選定されている様で、選定しているのは証券取引所になります。

制度信用銘柄で制度信用取引を行う場合ですが、信用買いをする場合だけに対応される事になります。つまり証券会社は制度信用銘柄についてお金は貸すけれども、株券自体は貸さないと言う姿勢になります。ですから、信用売りに関しては出来ないと言う事になります。

こう言った制度信用銘柄は、上場銘柄が選定されるようになっていて、新たに上場した銘柄については上場したタイミングで選定されますし、既に上場している銘柄については、決算期に選定されると言う形を取っています。

【貸借銘柄】
制度信用銘柄に選定された銘柄のうち、証券取引所または証券金融会社が定めている貸借銘柄選定基準が満たされた銘柄の事を貸借銘柄と呼んでいます。

この銘柄は、資金の貸付、株券の貸付を行う事が出来る為、信用売り・信用買いの両方が出来る銘柄になります。

貸借銘柄に選定されるタイミングは、制度信用銘柄と同じタイミングになります。
posted by 信用取引 at 14:36 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。