2009年11月04日

信用取引におけるトレード

信用取引は短期的な投資を行う人にとって向いている取引です。その期限も6ヶ月と言う様に設定されていますが、現実の取引においては、大体1〜2ヶ月ほどで終了させる取引で行うのがベストだと思います。

この様に信用取引、ネット証券が普及していく中で注目を浴びているのが短期投資なのです。短期投資にはデイトレードやスイングトレードと言う様な取引方法があります。

【デイトレード】
デイトレードの取引方法は、基本的に翌日に持ち越すと言う事をしません。その日の中で売買を終了させる取引になる超短期投資です。デイトレードを行う上でのメリットとは、その日の内に完結させてしまう為に、その後どんな事件が起きて暴落したとしても、そのリスクを背負う必要が無いと言う事です。もちろんその後急騰したとしてもその恩恵は受けられません。

デイトレードを行っている人をデイトレーダーと言う様に呼んでいますが、その人達の中でも取引の仕方はさまざまだそうです。基本的にはその日の内ですが、短い場合は数分で取引を完結させる人もいるそうです。

デイトレードは1つ1つの取引時間を短くして、その分取引する量をたくさんにして利益を上げると言う考えで行っています。

【スイングトレード】
デイトレードとは違って、2日〜1週間位の短期で取引を行っている投資方法をスイングトレードと言います。短期的な動向を見極める力が有る人に向いている投資方法です。

この様に同じ短期投資でも切り分けて考えている人が多く、これを使い分けて利益を出している人も多い様です。
posted by 信用取引 at 14:36 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。