2009年11月04日

信用取引の売るタイミング

株取引をしていると、取得した株の売るタイミングって難しいと言う事がお分かり頂けると思います。

利益を可能な限り出したいと言う考えがあると、売るタイミングも悩んでしまう物です。例えばここが限界だろうと売った途端に更に上がってしまったりして、逆にまだ上がると見込んで待っていたら途端に急下降してしまったりして、後悔してしまう事も少なくないでしょう。こう言った事が売るタイミングが難しいと言われている理由だと思います。

実際に、絶好のタイミングで売買をしている投資家は殆どいないのではないでしょうか。それほど難しいと思うのです。

自分の持っている株が、上昇に転じてそれが継続した状態になると、それを受けて売ろうか売るまいか迷う事と思います。その時に便利なのが信用取引における信用売りだと思います。

持っている株が上昇した場合、現物株は利益が出続けます。しかし信用売りをした分に関しては上がった分損をしている事になります。逆に下がった場合には現物株は損失を出しますが、信用売り分に関しては利益を出す事になります。

この様に、株価が上昇、下降、どちらに動いたとしても現物株と信用売り分で同じだけの損益になります。信用売りはそこで一度利益を確定させると言う事なのです。もちろん、現物株があるから出来る話しになります。

この方法で間違わないで欲しいのは、現物株が上昇傾向にある時に信用売りをすると言う事です。これによって危険行為になって逆に損を出してしまいかねません。

損失を出さない為にも、信用取引や現物株を売るタイミングなどを色々と考慮する必要があります。
posted by 信用取引 at 14:37 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株主優待の権利を得る

信用取引において、信用買いで株を取得した場合は、その特典である株主優待を受ける事は出来ません。

でも、信用買いだとしてもせっかくその銘柄の株を取得したのだから、株主優待は受けたいと思う人も多いでしょう。そこで、信用取引を利用し、株価変動によって生じるリスクを極力減らしながら、株主優待の権利をも取得する方法があります。

通常、株主優待の権利を得るには株を現物買いして権利を得る事になります。しかし優待はされたけれども、その後に株価が下がってしまって結局損をしてしまうと言う事も結構ある話なのです。

株主優待の権利を得る為には、通常通り現物株を買います。そしてそれと同時に信用取引で信用売りを行います。この方法で取引をすると、リスクを極力減らす事が出来るのです。こうする事で、現物の株が下がったとしても、信用売りで既に売っていますので損益はプラマイゼロと言う事になるのです。

更に権利落ちをしたところで、先に取得していた現物株を現渡しと言う方法で決済します。この時に発生する売買手数料が費用として生じる事になりますが、たったこれだけの費用で株主優待の権利が取得できるのであれば安いですよね。また生じるのは売買手数料だけで現渡しに関する手数料はかかりませんので安心して下さい。

ちょっと面倒な方法だなと考える場合が多いとは思うのですが、手数料や株主優待の内容を比較して考えると、結構お得な場合が多いと思うので、お得なのであれば活用してみるのも方法の1つではないかと思います。
posted by 信用取引 at 14:37 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信用取引とは借金をして経営をしているのと同じ事

会社を経営していく上で、借金をしない無借金経営、借金をしての借金経営だとしたら、どちらが良いと思うでしょうか。

通常は無借金経営の方が良いでしょうが、会社を経営するとなると結構なお金がかかると思います。借金をせざるを得ないでしょう。そんな時に借金をする事が会社の事業拡大の為になると言う明確なプランがあるのであれば、借金をするのも有りだと思います。

しかし同じ借金をするのであっても、使えるお金があればビジネスも上手く出来るのではないかと言う様な安易な考え方であるのであれば、借金をするのは危ないと思います。使えるお金が多いからと言って、事業が拡大するとは限らないのです。

株式に関しても同じ事だと思います。

信用取引においては、現在ネット証券等で出来るようになってから比較的簡単に取引する事が可能となりました。また委託保証金に関しても30万円位あれば取引が可能になることから、初心者でも簡単に大きな株取引が出来る様になってきました。

初心者にありがちですが、「株は儲かる」なんて事しか考えていないと、信用取引においてレバレッジを最大限に利用して、短期間で儲けようなんて事しか考えられなくなっていると思います。もちろん、それで上手く行く可能性も大いにあるのですが、逆を返すと損をする可能性も大きいと言う事なのです。

信用取引は証券会社に借金をした上で投資をしているのと同じ事です。取引は大きいけど、現物取引では無いので、きちんと計画した上で投資する事が大切です。
posted by 信用取引 at 14:37 | TrackBack(0) | 信用取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。